手足口病 対処 症状 治療

手足口病.com〜対処法や症状、治療、うつさないために〜

スポンサーリンク

手足口病とはどんな病気かご存知でしょうか?
夏風邪の仲間です。
手足口病という名前の通り、口内炎ができたり、手や足に発疹ができるのが特徴です。
子供の病気なんて油断していると大人も当然かかってしまう可能性があります。

 

手足口病の原因はウイルスです。
コクサッキーウイルスA−16、A-10などで、ほかにはエンテロウイルス71などが原因とされています。
その病原体を持った人との接触、または飛沫感染(空気感染)で感染します。

 

主な症状は、38度以上の高熱、主な風邪の症状と手足の発疹、口内炎などがあります。
発疹は主に手足に集中しています。

 

この症状から、かかってしまうと、発疹、人に感染させてしまうリスクなどから、学校や仕事にいけません。
特に大人がかかってしまうと、生活に影響が出かねないので、注意が必要です。
また、子供から感染してしまうこともあるので、子供が手足口病になってしまったら油断せずにうつらないように対処する必要があります。

スポンサーリンク

では手足口病の診断はどうしたらいいでしょうか・・・

 

水疱瘡と間違えやすいですが、発疹が手足に集中することから、手足口病を疑うことができます。

 

治療方法としては、できれば病院にいきましょう。
マスクは必須です。
しかし、特に手足口病に有効な薬というものはないようなので、風邪の症状を抑える薬を飲みながら、安静にすることです。
脱水症状をおこしやすいので、十分な水分補給も必要となります。

 

また、熱が下がって症状が治まっても、仕事や学校には一定期間、行かない方がいいです。
症状が治まった後でもウイルスが体内に残っていて、他人にうつしてしまう可能性があるからです。

 

大人がなってしまったら、子供がなってしまったら・・・など
当サイトではこのような手足口病に特化した情報を発信していきます。

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加