手足口病 病院 何科 受診

手足口病に感染してしまったら病院は何科を受診すべき?

スポンサーリンク

手足口病・・・夏に流行しますね。
基本的に子供の病気ですので、大人は大丈夫なんて油断していると感染します。
特に小さな子供がいる家庭。。
しかも、周りに子供がいない環境でも感染してしまう場合がありますので、大流行した場合は油断できません。
大人は重症化する場合もありますので、注意が必要です。

 

子供が感染したら、小児科・・では大人が感染してしまったら何科を受診すればいいのでしょうか。
手足口病lは感染力の強い感染症です。

 

基本的に内科か皮膚科ということになります。
総合病院が基本的にいいですね。
しかし、総合病院は遠かったり、混んでたりすることがありますので、なかなか総合病院に行きにくい場合があります。
熱が高かったり、風邪の症状が強い場合は内科がいいですね。

スポンサーリンク

ただ、病院にいっても対処療法となります。
インフルエンザのように、特効薬などはありません。
もちろんワクチンもありません。
そう考えるとちょっと厄介な病気ではあります。

 

手足口病の特徴である手足の水泡・・・これ結構辛いですが、治った後にその水泡の後が残ったりすることは、ほとんどありませんので安心してください。
ただ、痒かったり、痛かったりしますが、あまり触らないほうがいいです。

 

大人は重症化する場合があると書きましたが、基本的に重症化したり合併症などを起こすことは稀です。
しかし、人にうつす可能性を考えると完治するまでは、自宅療養した方がいいです。
稀ではありますが、脳炎の危険性もありますので。

 

手足口病は感染してしまうと、特に大人はやっかいですので予防が大事です。
冬はインフルエンザがあるので手洗いうがい気を付けると思いますが、夏も気を付けるべきなんです。
なので、夏でも手洗いうがいをしっかりして、予防を心がけましょう!!

 

また、予防する場合の注意すべきことは下記リンクの記事を参考にしてください。
手足口病の予防にアルコール消毒は有効ではない!?

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加