手足口病 ピーク 何日目 対処

手足口病のピークは何日目となるのでしょうか?その時の対処とは

スポンサーリンク

手足口病は子供、特に幼児が感染する感染症です。
大半は2歳以下の赤ちゃんが患者となっているようです。

 

手足の発疹や口内炎など親としては見ているだけでも辛い症状がでます。
また、発疹は痒い場合があるので、大変です。
親は寝ずに看病しなければならない、ということもよくあります。

 

手足口病はどれくらい症状が続くのか・・・・
もっとも気になるのは、子供が手足口病になるとこの辛い症状がいつもで続くのかピークを知りたいと思います。
症状としてはいくつかあります。
まず最初の症状として高熱がありますが、この高熱のピークは1日〜2日ということになります。
逆に続くと合併症の危険もありますので、病院にいった方がいいです。

スポンサーリンク

そして手足口病のもっとも辛い症状の手足の発疹と口内炎ですが、これは高熱が出てから3日〜4日がピークとなります。
5日位になると治っていく方向になります。
これは個人差がありますので、一概にこうなるとは言えませんが、一般的にこのような日数でピークとなります。

 

また、水を飲むのも辛くなるといわれる口内炎のピークですが熱が出てから3日〜1週間ほど続きます。
口内炎の症状のピークは長いです。
口内炎の症状が酷い場合は食事にも気を付けたいですが、水分補給にもっとも注意した方がいいでしょう。
手足口病は脱水症状を引き起こしやすい病気でもあります。
口内炎が痛い場合は水を飲むのも辛いこともありますが、がんばってきちんと水分補給をした方がいいです。
子供を看病する場合はこのようなことに注意したいですね。

 

手足口病は症状は辛いです。
特に口内炎は長く続きますし、辛い症状ですが手足口病が重症化することが少なく、実際は軽めの病気ですので、頑張って乗りきりましょう。

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加