手足口病 大人 喉 痛み

手足口病は大人が感染すると実は喉の痛みが辛い?!

スポンサーリンク

子供の夏風邪といえば手足口病と言ってもいいくらい有名な病気ですが、感染病ですので、当然大人もなります、
しかも、大人が感染すると重症化の可能性もあるので、あまくみてはいけません。

 

大人が感染してしまった場合、基本的に症状は子供が感染した場合と同じです。
つまり、高熱、口内炎、手や足の発疹と風邪の諸症状などがあります。
発疹に関しては、大人の場合は痒くなること、また痛くなることがあるようです。
痛みはかなりの痛みになる場合もあります。
これは結構辛いようです。

 

そして、意外と思われるような症状、大人の場合のどの痛みを伴う場合があります。
手足口病の口内炎が辛い症状なのは結構知られていることです。
水も飲むのが辛いくらいに痛くなることがあります。
大人の場合はこの口内炎が喉の方まで広がってしまうことがあります。
激痛と言われるほどに辛いを訴える人もいます。

スポンサーリンク

その為に脱水症状を引き起こしやすいです。
喉や口内炎の激痛にたえながらも、水分補給だけでもしばければなりません。

 

症状はだいたい1週間ほどで改善されると言われますが、大人は会社があります。
1週間、もしかすると10日位会社を休むこととなります。
これは、大変なことなのは当然わかります。
しかし、他人にうつしてしまう可能性があるので、無理して会社に行くわけにはいきません。
このことから、大人が手足口病に感染してしまったら、その影響は相当なものになるのは、言うまでもありません。

 

喉の痛みや口内炎が酷い場合、塩水でうがいが効果的のようです。
シンプルですが、やるとやらないでは結構違ってくるようですので参考にしてみてください。

 

大人は子供より酷い症状が出やすい手足口病ですが、結局は対処療法しかなく、自然治癒を待つしかありません。
やはり予防は重要だとわかります。
とくに小さな子供がいる家庭は十分に注意する必要があります。

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加