手足口病 口内炎 痛くない 食事

つらい手足口病の口内炎の症状時に痛くない食事とは

スポンサーリンク

手足口病の辛い症状の一つである口内炎。
口内炎が出来たときに一番辛いと感じるのは食事のときです。
しかし、だからと言って食事をしないわけにはいきませんし、手足口病を早くしっかり治療するには栄養をしっかりとった方がいいです。

 

そういった場合は食事のメニューを考えるといいです。
口内炎にしみない食事を考えます。

 

まず、口内炎の時のしみない料理のポイントを説明します。
まずはしみないためには、味を濃くしないことです。
薄味にします。
醤油などの調味料は口内炎にしみます。
そして、やわらかく、水分を多く含んだ料理をします。
これは、食事がかたいと口内炎にあたって痛いので避けます。
水分は多く含んでいた方が、噛みやすいのでその方がよいです。

 

食材は細かくきりきざんだ方がいいです。
そして、しっかり煮込んでやわくするといいです。
出来る限り噛まなくていい食事にします。

スポンサーリンク

ごはんはおかゆや雑炊にします。
もしくはうどんやそばなども食べやすくていいです。
しかし、おかゆや雑炊をする場合はしっかり冷ましてから食べるようにしましょう。
熱いと口内炎には刺激になりますので・・・

 

ヨーグルトや卵、豆腐はお勧めです。
食べやすいですし、たんぱく質をとることができます。
特に豆腐はおすすめです。

 

スープ系の食事もおすすめです。
ここでもやはり熱いものは避けることが大事です。
そして具材はやわらかくなるまで煮たり、つぶしたりします。
そうすることで、かむ回数が少なく口内炎を刺激することがなくなります。

 

果物の食事もおすすめです。
定番であるバナナがおすすめです。
リンゴなどは少し硬いのでおすすめできません。
やわらかいフルーツを選びましょう。

 

プリンやゼリーなどのデザートもやわらかく口内炎を刺激しないのでおすすめします。

 

そして、手足口病は脱水症状になりやすい病気です。
食事と一緒にしっかり水分補給を心がけましょう。

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加