手足口病 お風呂 うつる 対策

手足口病はお風呂でもうつる?その対策とは

スポンサーリンク

子供が手足口病に感染してしまった!
こうなってしまうと、気になるのが家族内でうつってしまわないかということが気になります。
しかも手足口病は夏に流行する夏風邪です。
熱が高いと当然体力を使うお風呂は入れませんが、熱が下がった場合お風呂は入れてもいいのか心配になります。
特に兄弟がいてどちらかが手足口病に感染した場合、うつさない対策が必要です。

 

お風呂で手足口病は感染してしまうのでしょうか・・・

 

結論からいうと感染します。
もちろん空気感染もありますが、お風呂やタオルの共有などは感染する可能性が高まります。
バスマットなども感染する原因となるので、手足口病に感染した場合は十分に注意する必要があります。
当然親も注意が必要です。
大人は手足口病にならないとは限りません。
当然大人も感染する可能性があるので十分注意する必要があります。
子供を看病しなければならない、大人が病気になってしまっては困りますよね。

スポンサーリンク

ではお風呂はいつからはいってもいいのでしょうか。

 

まず発疹が乾燥していることが重要です。
発疹が酷い場合は感染の危険性が高いので、熱が下がっていてもシャワーにします。
発疹が乾燥していればお風呂に入ってもいいです。
しかし、1か月位はウイルスが体内に残っていて排出されるといいます。
つまり、発疹が乾燥して治っていても、多少の配慮は必要となります。
手足口病に感染した子供は1か月ほどお風呂は最期に入れてあげるといった配慮です。
また、タオルも共有しないといった配慮をした方がいいです。

 

手足口病に感染してしまったら、いろいろと大変です。
また、脳炎など重症化する可能性もあるので、手足口病になったら病院にいってきちんと診察を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加