手足口病 大人 感染 頭痛

手足口病に大人が感染の場合に頭痛がある場合は要注意!!

スポンサーリンク

手足口病という変わった名前の病気。
夏風邪の仲間で主に子供・・・幼児がかかる病気として有名ですが、大人がかかってしまった場合は注意が必要です。

 

大人が手足口病になってしまった場合、軽い症状で済む場合もありますが、重症化することも十分あります。

 

基本的に大人は手足口病について免疫があるので、感染しない・・・しにくいということが言えます。
しかし、子供のころに手足口病にかかってなく免疫なない場合があります。
また手足口病を引き起こすウイルスは数種類ありますので、免疫のないウイルスであれば感染してしまいます。

 

大人の手足口病は手足の発疹とそれに伴う痛みや痒み、口内炎と喉の痛みや高熱などがあります。
また、ほかには風邪の主な症状、つまり下痢や倦怠感、関節の痛みなどがあります。
ここで特に注意しなければならないのは、頭痛です。

スポンサーリンク

激しい頭痛の症状がある場合は注意しなければいけません。
なぜかというと、手足口病はまれに脳炎を引き起こす場合があるからです。
手足口病は重症化する場合があるのでたちが悪いです。

 

なので手足口病に感染してしまったと思ったら病院に行くのが無難です。
手足口病に特効薬はなく結局は安静にして自然治癒に任せるといったことにはなりますが、症状が緩和される適切な薬を処方してもらえるので病院にはいくべきだと考えてます。
しかし、重症化している場合は別ですので、注意しましょう。
病院で診察を受ける場合はマスクを着用しましょう。
手足口病はっ空気感染します。
手足口病に感染してしまった場合は他人にうつさない配慮も当然必要です。

 

また感染しないために、免疫力を上げる運動や食事をした方がいいですし、できる限りストレスを溜めないことが重要です。

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加